分譲型太陽光とは
平成24年7月よりFIT※1『再生可能エネルギー固定価格買取制度』がスタートしました。
太陽光発電では従来の余剰電力の買取制度から、10kwを超える産業用太陽光発電設備によって
発電した電力はすべて一定期間(20年間)固定価格で買い取る仕組みになり太陽光発電は
収益事業として、また資産活用の手段として大きな注目を浴びるようになりました。
コスモスエナジーでは、日照条件や環境から太陽光発電に適した土地を選定し、
発電シミュレーションを基にシステム容量、利回り、保証はもちろんのこと、条件に適した
モジュール・パワーコンディショナ・架台の選定、管轄の電力会社への申請及び経済産業省への
設備認定まで、お客様から安心して頂けるトータルサポートで土地付き太陽光発電所を
『分譲型太陽光』として、ご提案させて頂いております。


投資・資産運用
投資や資産運用にはさまざまな種類があり、メリットとデメリットを比較し深く検討する必要があります。分譲型太陽光では、政府による20年間の『再生エネルギー固定価格買取制度』があるため低いリスクで安定した収益を見込むことができます。現在、日照条件の良い遊休地を所有されていない方にも新たな投資モデルとして分譲型太陽光が注目されております。
太陽光 × 分譲
政府による税制の優遇・環境貢献
政府が公認しているグリーン投資減税では、太陽光発電設備等のエネルギー環境負荷低減推進設備を取得した場合、特別償却または法人税額の特別控除制度が適用されます。そのため、個人事業主、法人企業では、大幅な節税対策が可能です。また、個人の場合では、相続税対策が期待されています。日本政策金融公庫など政府系金融機関も環境貢献の観点からエネルギー環境負荷低減推進設備への投資に対し積極的に融資を行っています。
太陽光 × 分譲
安心のサポートシステム
• 投資計画
• 好条件な土地の選定
• 現地調査 • 発電シミュレーション
• 電力会社との交渉、連系申請 • 経済産業省への設備認定
• 高品質で耐久性に優れた設備機器の選定
• アフターケア

土地付き太陽光設備販売
トップに戻る
株式会社コスモスエナジー | 土地付き 太陽光の設備販売・架台販売
お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ